コレクション: 京のめんたい 清水焼「雲楽窯」 

 興(おこ)りは桃山時代、京都にて茶の湯の隆盛とともに製陶の中心を担い発展してきた京焼・清水焼。
 

 日用品として発達した他の陶器とは一線を画し、意匠と技法を大胆に取り入れた京焼・清水焼は、茶の湯などに利用されながら、人の目を楽しませる事を念頭に手間を惜しまず、遊び心を持ってつくられてきた結果と謂えましょう。
 現在でも京焼・清水焼は、機械生産にはない手作りの良さを守り、一つひとつ職人の手で作られています

その清水焼の中でも雲楽窯は京都清水焼団地に構える清水焼の窯元です。

独自の釉薬「青抹陶」から生まれる上品な質感と肌合い、地色と乾山風の枯淡な絵柄を合わせた作品は高い評価を受けています。

その雲楽窯の清水焼の器と当社の無着色無添加めんたいこをセットにしました。

上品な質感と肌合いを備えた器は使用後におもてなしの器としてもお使いいただけます。大切な方への贈り物などとしてぜひどうぞ。

2個の商品
  • 京のめんたい"東山" 清水焼 明太子120g×2
    通常価格
    ¥5,400
    販売価格
    ¥5,400
    通常価格
    単価
    あたり 
    売り切れ
  • 京のめんたい"太秦" 清水焼 明太子120g×2選択
    通常価格
    ¥5,400
    販売価格
    ¥5,400
    通常価格
    単価
    あたり 
    売り切れ